SDGsの取り組み SDGs

タイオングループは、
SDGs(持続可能な開発目標)に取り組んでいます。

地域に笑顔と安心を提供できる在宅医療を支えています。

超高齢化社会の日本において、今後、医療制度を持続可能な形へと改革していくことは国の存亡に関わる大きな問題です。だからこそ、国の政策では在宅医療を医療制度の大きな柱として積極的に推進しています。病院や診療所だけではなく生まれ育った家と共にある医療、医師や看護師だけではなく家族と共にある医療、がこれからの新しい医療の選択肢です。これにより、多くの患者様に最期まで安心して笑顔で過ごせる日々を提供できるとともに、不足する病床や看護・介護の担い手を補うことで持続可能な医療制度をもたらすことができます。そこに在宅特化型の調剤薬局として全力で取り組むことのできる弊社は、これからも日本の医療の将来に大きく貢献していきます。

女性も男性も共に活躍できる職場環境づくりとダイバーシティの推進に努めます。

弊社は男性も女性も平等に、出産や育児・介護をしながら仕事を続けていけるよう全ての従業員が共に活躍できる働きやすい職場環境づくりに努めています。また基本的人権を尊重し、多様な個性を認め、ダイバーシティを推進することで、社員を含めた全ての人々が活躍できる社会の実現に貢献できるよう努めています。

地域の安全と平和のため、交通安全に努めます。

弊社は、交通安全に対する意識向上を心がけています。業務において欠かせない移動手段である自動車。医療と介護を事業の核としている弊社にとって、安心安全は一番大切な考え方です。今後も、地域の皆様が安心して暮らせる街であり続けるよう、我々も安全運転の率先的行動を心がけていきます。

液体バイオマス発電事業を通じて、地域の皆様に安定した貢献します。

弊社は再生可能な有機性資源のパーム油を用いた液体バイオマスを使用することにより、天候や時間に左右されない安定した電力の供給を目指します。バイオマス発電は、その際に発生するCO2を原料の資源を育てる際の植物の成長過程で吸収することにより、排出カウントを実質にゼロにすることが可能であり、ecoで環境に配慮したクリーンなエネルギーです。
弊社はクリーンで再生可能なバイオマス発電事業を通じて、ライフラインに欠かせない電気の供給と、未来の子供たちに住みよい地球環境の共生を目指します。

このページの上部へ